新しい抗うつ剤

レンガと男性

レクサプロは、近年日本でも承認されるようになった新しい抗うつ薬です。別名幸せホルモンとも呼ばれるセロトニンの再取り込みを防ぐ効果を持ちます。レクサプロは、未だ新薬の部類に入るため、販売価格は若干割高です。1日分が約400円程度の薬価となります。このレクサプロのように、海外では広く使用されている場合でも日本では中々認可されない薬が実際多いのです。国に承認されない薬は、原則健康保険が適用されないため、全額自己負担での購入となります。こうなるとかなりの金額を支払わなければ、薬を購入出来ないということになるのです。医療機関で取り扱わない薬の場合には、現在個人輸入という新しい方法で入手することが出来ます。

レクサプロはセロトニンという脳内物質の働きに着目した新しいタイプの抗うつ薬です。これまでの三環系や四環系の抗うつ薬にみられた様々な副作用が起こらないとして、一躍注目を浴びました。これまでの三環系や四環系の抗うつ薬の場合には、肝機能障害や口の渇きなど体に影響を与える副作用があるために、使用を控えなければならない場合もあったのです。レクサプロが新たに登場したことで、これまで副作用に悩んでいた方も薬を変えて治療を続けることが出来るようになりました。こうしたメリットがある一方、レクサプロにはまれに軽い離脱症状や性機能障害が起こることがあります。そのため、医師の指導の元、正しい薬の服用をすることが求められているのです。